post

見たい映画が海外で公開されたときに、どの日本の配給会社が日本での公開を担当することになるかはとても重要です。こうした配給会社には宣伝することや、日本語字幕や吹替のキャスティングなどの仕事も行うことが求められます。この吹替のキャスティングという部分はとても大切なものですが、映画によっては話題性を狙い、プロの声優ではなく、旬の芸能人を採用したりすることがあります。こうした場合、もともとの映画のファンの反感を買ってしまうこともあり、売り上げに大きく影響することになります。

配給会社の当たりはずれ 1 - 配給会社の当たりはずれ

売り上げに影響する大切な仕事

このように配給会社の仕事というのは侮れません。映画を作っているのは制作会社ですが、日本で公開されるときのことを考えるとこうした配給会社も含めて一つの映画がつくられていると言えるでしょう。もっと調べてみると面白いかもしれません。